ホーム > ファッション > 服装がズボラになってしまう女子必見!服選び・コーデのコツを詳しく紹介!
ミラー萌似花
  • Instagram
  • Twitter
  • Blog
ファッション 作成:

服装がズボラになってしまう女子必見!服選び・コーデのコツを詳しく紹介!

お洋服は毎日着替えるもので、ファッションはその人がどんな人であるのかを演出する一つのツールです。
着ているお洋服から性格や趣向などが見えてきます。

それがたとえあなたの本性でないにしても、どうあがいたって人は着ている洋服を一つの人の判定材料にします。
ビシッと決まったスーツを着ているビジネスマンと、クタクタのスーツを着ているビジネスマンならどちらの方が仕事ができるように見えるでしょうか?

答えはいうまでもないですよね。
そういうことです。

ここまで言えば服装が適当な子は気をつけなくてはいけないということなのはお分かりですよね。
 服装がズボラだとどんな風に周りに判断されるかわからない ですから。

ということで今回は服装がズボラな女子に警告!
「少しくらいズボラなくらいが男子にモテる」なんて手を抜いている女子たち、意外と周りの男性はそんなあなたの心を見透かしているかも!?

服装がズボラに見える特徴

ズボラ女子-服装

まずは服装ズボラ女子に見られないために服装がズボラに見える特徴から確認していきましょう。
これから示される内容に当てはまるようでしたら注意する必要があります。
みなさん胸に手を当てて自分の行動を振り返ってみてください。

色合の相性がむちゃくちゃ

色はファッションの中でかなり重要な役割を果たしています。
人によっては 自分に似合う色を判定するパーソナルカラー診断 を受けて自分に似合う色を探すくらい。

そうやって診断されちゃうとつい調子にのって、その色ばっかり着てしまいそうな気もしますが笑
ここまでする必要はないと思いますが、それくらい色は重要なんです。

逆に言えば色をガン無視でお洋服の組み合わせを考えるのは絶対にNG。
ちゃんと 朝や前日の夜に着るお洋服のコーデを考えるときには色合いも重視 しましょう。

 

色相環を参考にしてコーデする

よく言われるのが色相環の中で反対側に位置する色(例えば赤の反対は緑)は相性がいいということ。
コーディネートの中で 差し色を考える際には是非色相環を参考にしてみる のもいいかもしれませんね。

一色に全身を揃えてのコーディネートもおしゃれですよね。
では色合の相性がむちゃくちゃとなる組み合わせはどんなものなのでしょうか?

それは補色同士の組み合わせ。
補色って何?という方も多いかもしれませんね。

色には色相環というものがあります(上記図参照)
色相環は似た色を隣り合わせにしていって円状に並べたものです。

 色相環で向かい合う色のことを補色と言います 
この補色は正反対の色であるためにお互いが互いの色を強調するのです。

例えば、赤と緑がこの補色になります。
赤と緑という組み合わせを考えるとよくデザインなどに使用されています。

ロゴだとかイルミネーションだとか。
その理由は派手で目立つからです。

でも自分のお洋服がそのように派手になってしまうというのはなかなかダサいですよね。
ですから 適当にお洋服を選んで補色でコーディネートしちゃった…なんてことにはならないよう注意 してくださいね。

 

サイズ感がむちゃくちゃ

お洋服のサイズがめちゃくちゃだとなんだかだらしなく見えてしまいます。
お洒落としてオーバーサイズのパーカーを着ているのならまだしも、ただサイズが合わなくて買い換えるのが面倒だからダボダボのパーカーを着ているというのは考えものです。

逆にお洋服がパツパツでも周りは何も言わなくても気づいているものです。
そして 「この人は自分にあったサイズの服を買うのが面倒だからこんな服を着ているのだろうな」って思われているかも しれません。
適切なサイズのお洋服を選べないようだとズボラ女子認定される可能性が高くなってしまいます。

 

服が汚れている

これはもう論外です。
スカートに何かのシミが付いているお洋服を着た女の子をみて、まず思われることは「この子はだらしがない」「家事ができなさそう」ということです。

あとたまにあるのはシャツの襟が黒ずんでいるなんてコト。
これは明らかに洗濯できてない証拠です。

もうそんなところを見られればズボラ女子認定は免れません。
家事ができなさそうなんていうと婚活をしている方にとっては、現代は男女平等とはいえども致命的です。

それに家事ができないということは自己管理ができていないということと同じことです。
自己管理ができない人に誰も仕事は任せたくありません。

自己管理ができないのであれば仕事をちゃんとやってくれるかも不安になってしまいます…
という風に様々な方面でネガティブな方に判断される可能性があります。

 男ウケうんぬん抜きで服が汚れているというのは服装がズボラっていう風に判断 されます。
ちゃんと気をつけましょうね。

 

着まわしせずほぼ同じ服装

「あの人、いつも同じ服を着ているよね。他にお洋服がないのかな。」
いつも同じ組み合わせで着てばかりいるといつの間にかこんな風に思われているかもしれません。

あのスティーブ・ジョブスも「洋服選ぶのが時間の無駄だ」といって同じ服装を何回も着ていたという話は有名ですが、女性の皆様でお洒落でいたいという方、そこはリスペクトしないでいい点です。

確かにAppleのデザインはスタイリッシュですが、 同じ服しか着ないでいるとお洒落に見られたい女性にとってはちょっと致命的 かもしれません汗
下手をするとズボラ女子認定一直線です。

せっかくですから色々と着まわしを考えて試して見ましょう。
もちろんいい組み合わせを思いつくと、何回もそれをリピートしたくなる気持ちはわかりますが、そこはぐっと抑えて新しい素敵なコーデを考えてみるのもきっと楽しいはずです!!!

 

ズボラ女子におすすめの服選び・コーデのコツ

ズボラ女子-メイク

先ほどまで服装がズボラに見える特徴についてお話ししていきましたが、ズボラ女子がズボラさを隠すためにはどんな方法があるのでしょうか?

色の相性をしっかり考える

これは先ほどもお話ししましたね。
 同系統の色でコーデをまとめて みたり、あとは 同系統の色だけだと重くなるようであれば少しだけ差し色を入れてみたり するということを意識してみてください。

あと 余裕があればパーソナルカラー診断をやってみて自分にあう色を探してみるのもいい ですね。
ちゃんと色の組み合わせを考えてお洋服を着こなしてみましょう。

 

自分にあった服のサイズ感を知る

結構体ってみなさん違うものです。
骨格タイプも大きく分けると3つあるのですが、それによっても従来のサイズ感が自分に合うとは限らないので意外と自分にあったサイズ感を知るのは難しいです。

ですので、 自分がどんな骨格でどんなサイズがぴったりなのか研究して行く必要があります 
サイズ感を知ることで着痩せすることもありますし、骨格から自分のタイプがわかればそれに合わせてお洋服をコーディネートすることもできます。
己を知ることから始めましょう。

 

しっかり服は洗って清潔感を出す

ジーンズは色落ちしてしまうので着るたびに洗いましょうとまでは言いませんが、基本お洋服は毎回洗いましょう。
汚れはしっかり落ちていないとズボラ女子認定されてしまいます…。

 

着まわしして定着をしない

せっかくなら冒険してみましょう。
手持ちのお洋服でこんな着まわしいいんじゃないかなって考えるのも楽しいですよ。

服装のズボラは性格もズボラ女子に思われる
服装は人を体現する。
そんな言葉もあります。
服装で自分を演出することだってできるなんていうのですから服装がズボラだと性格もそうなのではないかと思われてしまいます。
ですので服装から注意するよう心がけていきたいですね。

関連記事:もしかして私も?ズボラ女子の特徴とズボラ女子がモテるメカニズムを紹介

AMBASSADORS

ミラー萌似花

1998年6月6日生まれ。原宿のファッションショーの運営をしながらフリーライターとして活動中。ポップカルチャーサイト 「原宿ふわふわ」編集長。趣味はカフェ巡りと映像制作。

AMBASSADORS